2014年4月21日月曜日

厚生労働大臣感謝状伝達式


2011年、東日本大震災から3年間被災地支援を継続してきた団体としてアースウォーカーズにも田村厚生労働大臣から感謝状が贈られました。

本日はその伝達式が宮崎県庁で行われ、県福祉保険部長の佐藤健司さんから感謝状が伝達されました。
アースウォーカーズから代表の小玉直也と事務局長の小林亜衣、宮崎大の時枝明日香が出席しました。


この間、宮崎県内や日本全国に留まらず海外も含め、多くの方々と共に支援が継続してこれました。
ボランティアに参加した方や寄付をしていただいた方を含めると数千人の方々に支えられて来た事を実感します。
あらためて、みなさんへの感謝の気持ちでいっぱいです。

伝達式のあと佐藤部長のあいさつでは、ご自身が被災地に行ったときの話しのあと、宮崎県の偉人の石井十次の「天は父なり 人は同胞なれば 互いに相信じ相愛すべきこと」の100年前の言葉から今日に生かされる考え方にふれ、素敵なお祝いの言葉でした。

受賞者を代表して、都城聖ドミニコ学園高校生の小林梨乃さんのあいさつでは、『岩手県大槌町を訪ね、仮設住宅でのお茶っこサロンでの言葉で「地震の前に喧嘩したまま生き別れた家族と仲直りしていないままだったのが後悔している」という言葉が心に残り、私は家族と喧嘩しても、感謝の気持ちを忘れず仲直りするようにしました。また目の前にいる人を大事にする事を感じると同時に、東北はまだ立ち直っていない事、私たちは東北を忘れない事を心に刻みました。』という話しがありました。


アースウォーカーズの被災地支援は福島を中心に東北3県で継続して行きますので、引き続きのご支援よろしくお願いします。
重ねて、継続出来る支援ができるよう、毎月ワンコインから支援出来るマンスリーサポーター会員も引き続き募集しています。
お力添えよろしくお願いします。
また、Facebookのアースウォーカーズページへの「いいね!」もお願いします。
https://www.facebook.com/EarthWalkers.jp

1 件のコメント: