2017年2月21日火曜日

福島の子どもたち2日目は宮崎最南端の串間市を満喫! 


文責:さとぴー(宮崎国際大学2年)
    阿部青葉(宮崎大学2年)

宮崎に来んねキャンプ2日目です。

2日目は完熟きんかんたまたま収穫体験からスタートしました。

完熟きんかんたまたまの開発者の古谷さんのご協力のもと収穫体験をさせていただきました。
子どもたち、保護者の方々はきんかん収穫が初めてだという方がほとんどでした。
みんなワクワクしていたのか一生懸命収穫していました!

ほのかちゃんは「楽しい!」とすごく収穫を楽しんでいました。

保護者の三浦美穂さんは「なかなかできない体験ですね。一生に1度の体験です。人生で最初で最後かも」と子どもたちが楽しんでいる姿をにっこり見つめていました。

完熟きんかんたまたまを食べたみなさんは「甘い!」、「美味しい!」と口にしていて、完熟きんかんたまたまの甘さにびっくりしていました!
実際に私も食べてみると、とても甘くジューシーでした。

みなさんたくさんのきんかんを福島に送ったり、持ち帰ったりしてとても満足していたようです。




次に自然の馬がいる都井岬に向かいました。

誰が最初に馬を見つけられるかの競争では、「見つけた!」と窓に張り付きながら一生懸命馬を探しておりとても楽しそうでした。
展望台は風がとても強かったですが、お構いなしに走り回ったり、お兄ちゃんに肩車をしてもらったりしていました。



その後、川崎船長さんや漁師さんが、美味しい串間取れの宮崎ブランド地頭鶏の炭火焼や鯛の丸焼き、お刺身、鯛とハタハタのお味噌汁、お米を用意してくださりました。

参加者の難波さんは「下の子にはこんなに新鮮なお刺身を食べさせたことがないです」ととても喜んでいました。
みなさん、お箸が止まらない様子でぺろりとたいらげていました。


漁師さんたちの魚料理を堪能した後、ゆめ牧場に向かいました。

ゆめ牧場では、子ぶたと子ヤギと触れ合いました。最初はみんなぶたやヤギにおびえていた様子。しかし、あっという間にヤギに餌をあげたり、触ってみたりして、楽しんでいました。


さあ、次はウサギと触れ合いに行こうと意気込んでいたところ、
あいにくのどしゃ降りに断念。少し残念でしたね。

晩御飯は「森の足湯カフェ ぱちゃママ」でいただきました。
オーナーの九鬼丸さんが心を込めて考えてくれた、”豪華ではないけれど食材などはしっかりこだわった料理”は身体にとっても優しくて、すごく美味しかったです。

普段野菜を食べない子供たちも、野菜たっぷりのスープを沢山おかわりしていました。

参加者のお母さんからのお礼は、所々声を詰まらせながら
原発事故での初期被ばくを防げなかった後悔や福島県民に対する差別に対する思いを話してくださり、「親が下した判断に子どもはついていくしかないからこれからの生活でベストをつくしたい」という思いを伝えてくださりました。

そして最後に美味しいご飯と作ってくれたぱちゃママの皆さんに感謝の言葉を伝えました。

明日は、北郷保育園の子どもたちと交流します。楽しみですね♪

2017年2月20日月曜日

待ちに待った!!宮崎に来んねキャンプ1日目

文責:さとぴー(宮崎国際大学2年)
宮崎に来んねキャンプがついに始まりました!!

午前中福島県を電車で出発!福島県では雪が積もっているところがあり、辺り一面が雪でした。
















福島にお別れを告げ、お昼に羽田空港を飛び立ち、16時30分に宮崎に到着しました。飛行機に乗り、窓から富士山が見えてる横では、ぐっすり眠っている子どもたち。ちょっと疲れちゃったかな?しかし、宮崎に到着する前に目を覚まし、ワクワク、ドキドキしていたようです。


宮崎空港では、私たち学生ボランティアは『宮崎へようこそ!!』と書かれた風船を持って子どもたちと保護者が到着するのを今か今かと待っていました。

子どもたちが到着すると、みんな元気に明るく到着ロビーに出て来ました。到着してさっそく集合写真をパシャり。

その後、天空カフェジールに移動し、外でちょっとお遊び。焚き火があり、暖かく、犬が3匹もいて、犬に興味津々の子どもたち。また、ジャングルジムに登って遊んでいる姿も。やはり宮崎は福島に比べると暖かいようですね。

遊んだ後は、有機農家で収穫された野菜や果物を使った料理のビュッフェを堪能しました。みんなお腹が空いていたのか、たくさん食べていました。保護者の方々もたくさん食べていて、満足していたようです。

多くの料理に、料理の美味しさにびっくり!有機野菜だからこそのおいしさを味わいました。

 
その後、日南市の蜂の巣キャンプ場へ。入浴して、布団で明日に備えて眠りにつきました。




今回、初めてこの『宮崎に来んねキャンプ』に参加して、子どもたちの元気に楽しそうに外で遊んでいる姿がとても印象的でした。明日もたくさんその笑顔が見れることが楽しみです。キャンプは始まったばかりです。子どもたち、保護者の方々が宮崎を満喫していただけるようにスタッフ一同頑張っていきます!

2017年1月29日日曜日

700人突破!!アースウォーカーズの保養プロジェクト!

日曜日は第33回目となったアースウォーカーズの米沢日帰りリフレッシュプロジェクトです。
福島の小学生を対象とした自然体験活動で、毎月開催されています。

今回のプロジェクトで2011年以降にアースウォーカーズが開催したプロジェクトにいよいよ700人超えました。

大惨事となった、東日本大震災と原発事故から、もうすぐ6年になろうとしています。

アースウォーカーズでは718人の福島の子どもたちの支援に関わり、未就学児、小学生、中学生、高校生と世代ごとに各地でのプロジェクトを開催してきました。

昨年度、数十万円の赤字決算となり、継続できるか不安の今年度ですが、なんとか継続してきました。

ぜひ、福島の子どもたちの支援が継続できるよう、アースウォーカーズの一口500円~六口3000円のマンスリーサポーター会員への入会をお願いします。

今回は、福島のママの塚原さんが午前中、山形大学の学生の田波くんが午後のレポを書いてくれたので、ぜひ、ご覧ください。



文責:塚原友子(小玉加筆)
本日は、第33回アースウォーカーズ米沢プロジェクト。
福島の子ども22名。保護者入れて合計28名で参加しています。

晴天の中、午前中は小野川スキー場に来ていました。
スキー場に到着すると、まずは、そり滑りにチャレンジです。

スピードにのって、びゅんびゅん「めっちゃ気持ちいいー」と、ハルト君とユウト君が教えてくれました。

リンちゃん。五年生。「今年はじめてのそりすべり、すごく楽しいです1f3b5.png🎵」と、少し汗をにじませながら、夢中で遊んでました。

最年少のリリハちゃん3歳は、そりすべりのあと、雪の斜面でおしり滑りに夢中です。
雪の小山をよじ登ったり降りたり繰り返しているだけでも、すごく楽しそう。
いい運動になりますね。

天気もいいから、反射してとってもまぶしいです。
スキーやそり滑りの次は、
雪まみれになりながら、雪を掘って秘密基地作りです。

男の子チームは、すっぽり全身が入れるほど、穴をどんどん堀り進めている様子です。
女の子チームは、雪穴でお部屋作りです。

トモカちゃん、ユウキちゃんは、雪のお部屋に、地下室を設置。
冷蔵庫を掘ってそこに持参したお菓子を入れて冷やしてました。テーブルに椅子まであって、さすが女子力高いですね。

ユウジくんは、お給料いれを作ってるとの事。色々想像力を働かせながら、ふかふかの雪で色々なものを作りました。

チカちゃんは、今年は初めてのスキー場との事でした。お友達とお母さんと参加でした。
おもいっきり体を動かして、スキーや雪でのびのびと遊んで楽しんでます。




33回米沢リフレッシュプロジェクト
文責:山形大学一年生 田波凪覇(小玉加筆)

お昼からは小野川温泉に向かいます!
お昼ご飯はお食事処龍華さんのラーメンです。寒いなか食べるラーメンは別格です!

みんな無我夢中にラーメンを頬張りました。どんぶり一杯を食べきる子どももいて驚きです!!

また、お食事が終わった子どもからキャンドル作りです!こちらは米沢市役所の方や「アクセルリンク米沢」という学生サークルの協力のもと行いました。

1人で20個近く作る子どももいれば、自分の理想の1個を真剣に作り上げる子どもいました。
みんなそれぞれに思い思いのキャンドルを作り上げました。

4年生のシンジ君は「初めてだったけど、上手に作れて良かった!」と言っていました。

3年生のユウキちゃんは「最初は緊張したけど、カラフルに作り上げることができてよかった」と子どもたちの思い出の1ページになったようです。


EARTHWALKERS
追伸:そのあと、近くのカマクラ村に行き、少し遊んだあと、小野川温泉にゆっくり入って、満喫しました。

米沢市役所の相田さんと小野川温泉組合の協力で格安で癒されました。

本当にありがとうございます。

同時に、多くの寄付していただいている方々やマンスリーサポーターの皆さんの支援を有意義に活用させて頂いてます。

しかし、今回のバス代やラーメン、温泉等々の支出いたいして、3分の1くらいが参加費でまかない、不足部分が多いので、ぜひ継続するために、一口500円~六口3000円のマンスリーサポーター会員への入会をお願いします。


最後は、山形大の米沢キャンパスでボランティアの山大生と市役所の相田さんにお別れの写真でした。

2016年11月23日水曜日

第31回 米沢リフレッシュプロジェクト

今回は福島の子どもたち21人と学生8人で、午前中は大根収穫、午後はボルダリングでした。


大根収穫で抜いた大根の本数はなんと130本を超えました!!








みんな泥など気にせず一生懸命に収穫を楽しみました。収穫した大根を持って帰るのも一苦労です。子どもたちの家は当分大根料理が続きそうです。


ゆきなちゃん10歳は「とても楽しかった!だけど大根を抜きすぎたかも…」と自分が抜いた大根の量に驚いていました!


天候が良くなくて寒かったのでお昼ご飯はお弁当ではなく、丸亀製麺でうどんを食べました!



ゆうきちゃん8歳は「美味しかったし、うどんが最高だった!」と、お昼ご飯に満足していました!



午後は米沢アクションパークでボルダリング!!みんな身体を目一杯に動かし、頂上を目指しました!

大学生も挑戦してみましたが全然登れず…。すいすいと登る子どもたちをみて驚きを隠せませんでした!!
また何度も何度も挑戦し続ける子どもの姿に感動しました!



初めてのボルダリング体験した保護者の斉藤さんは「久しぶりの達成感で楽しかったです」と、はりきって楽しまれてました。



ゆうきくん8歳は「やばかった!楽しすぎて、張り切ったから、筋肉ムキムキになっちゃった〜」って笑顔で語ってくれました。




今回初めてこの活動に参加した学生たちは、子どもの素直さに感動をしていました。学生たちも子どもの姿から様々な刺激を受けました!本日お世話になった様々な方や子どもたちへ感謝の気持ちでいっぱいです。



今回は、新たに移転したアクションパーク 米沢 (Yonezawa Actionpark)のほんだ たつさんのご協力で活動させていただきました。


最後にはみんなでしっかりと「ありがとうございました」と言うことができました!米沢での楽しい1日も今日はこれで終わりとなります。子どもたちの笑顔が絶えない素敵な日となりました!!


(山形大学1年 田波凪覇さんの文章を参考にさせて頂きました 文責:角田達雄)