2017年6月18日日曜日

第38回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト

毎月恒例の福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト in 米沢。
今回、初めて米沢市の大沢地区に行って自然を満喫しました。

朝、6:55郡山駅、7:50福島駅に集合でJR在来線で大沢まで電車で移動。
1年ぶりの電車での移動に子どもたちは盛り上がっていました。


直前の4人のキャンセルなどもあったので、今回は小学生6人の参加でしたが、ボランティアが福島大から2人、山形市内の大学生ら16人が合流し、1人の子どもに2人のお兄さんお姉さんが対応するという日となりました。

無人駅の大沢駅を降りた後、山の中を散策。
2kmほど歩いて笠松旅館に到着。旅館近くの自然の中で子どもたちは大はしゃぎ。

昼食のカレー作り、玉ねぎ、じゃがいも、ニンジン、豚肉を切っていく。
みんなで山の中の落ち葉や木々を集めて火をつけて、良い感じでカレーが仕上がりました。
また、昼食のカレーやサラダや味噌汁を、学生と子どもたちで頑張って協力して作っている姿も見られました。


午後は、近くの川で水遊び。
大人のひざくらいの深さでしたが、泳いだり、浮き輪や素潜りなどなど、久しぶりの水遊びとあって、子どもたちは大はしゃぎ。
特に、福島では山の除染はしない事になり、雨などで川に流れ込んだ放射能の影響もあり、川魚は今でも放射能が高い数値が検出されるので、福島の川で遊ぶことは無いそうです。


 
その後も、洞窟探検を楽しんだり、トンネルでコウモリ探したり、大自然の中を参加者の子どもも、大学生たちも楽しめました。

本宮市立白岩小学校5年の遠藤真志くんの感想「川遊びは水がとても冷たくて、一緒にお兄さんとかと遊んでもらって楽しかった」
郡山市立富田東小学校4年の木村優絆さんの感想「もうめちゃくちゃ楽しい。こんなに自然の中で遊んだのは初めて。みんなで遊べて楽しかった。また、ここに来たい。浮き輪を使った水遊びがうれしかった」


今回の大沢での自然体験を企画して頂いた、米沢市総合政策課の相田隆行さんの感想
「大沢で福島の子どもたちを招きたいと思っていて、いよいよ実現して良かった。
大沢の大自然の中で川遊びや自分たちで木々を拾い焚き木したり、大沢の魅力を体いっぱい遊んでくれているのがすごく嬉しい。
そこをサポートしている大学生も初めての学生が多く、一緒に楽しんでいて、この企画ができて良かった」



そのほか、活動に参加して頂いた学生スタッフさんの感想です。

福島出身で米沢の大学に行っていますが、福島の子どもたちと遊ぶ機会が無いので、今日はとても楽しかったです。
私が中学2年の時に原発事故があり、福島市内では運動会もなくなり、外には出るな、体育も体育館だけという生活だった。
米沢に来て、こんなに自然の中で元気に遊べる場所があるのは良い事だと思いました
米沢栄養大学3年 斎藤まりん


今日、火遊びとかは普段あまりしない。
私は教師を目指しているが、なるべく火遊びさせたく無いと思っている。でも今日、子どもたちが火の周りでとても興味をもっている。
危ないから大人がさせないというのだけでなく、火は熱いとか危ないことも実践しながら学ぶことが大きいと実感しました。
福島での授業で原発事故後は、外遊びができない話を聞いてて、このような環境が身近にある環境がもっと広がれば良いのになあと感じました」
福島大学3年 後藤あかり


今日はありがとうございました! アクセルリンクのみんなからの感想です。
私は子供に触れ合う機会があまりないので、子供たちの好奇心旺盛なアクティブさに驚きながらも、幼少期に自分自身もよく川遊びをして、はしゃいでいたことを思い出しました。
 
また、今の子供は室内で遊ぶことが多く、与えられたものをただこなす事が多いので、今回のように森などに行き自由な発想で好きなことをさせてあげるのはとても良いことだと思いました。
今回の活動を通してもっと私も子供と関わりながら、小学生児童たちにたくさんの経験をさせてあげたいなと思いました。今後も活動に参加できる機会がありましたら、参加したいと思います。 ALY 矢野雅之
 
 
 
今日1日子供達との楽しい時間をありがとうございました。
私が特に印象に残ったのは小玉先生から頂きました『自分の出した答えに間違いはない。そしてそれをしっかり相手に伝える事』です。
私は自身が出した答えの間違いを恐れ、前に発信することを躊躇してしまう時があります。
しかし、今日話を聴き、恐れず相手に伝える意思を持とうと思いました。
今後、時間がかかってもこれを鍛えていこうと思います。 本日は本当にありがとうございました。 山本赳之
 
 
今日のように子供たちとのふれあいや自然の中で遊ぶ機会というのは久しくしていませんでした。 私たちのサークルアクセルリンクでは子供たちを対象としたブースがいくつかあります。
私は昨年度役職もありブースで直接子供と関わるのでなく、役所とのパイプや企画の考案を主にしてきました。
いまにして思えば子供を対象としているのに、企画考案者が子供とふれあうことで子供の視点になって考えるということができていませんでした。
今回の活動では子供と一緒になって遊びました。
あの限られた空間においても子供の好奇心とはどこまでも果てしなく、それに伴う行動力も半端ではないものでした。
自分の背丈の半分ほどの水に臆さず飛びこんでいく、 炎が燃えていてもなおさら燃やそうと近づいていく、 急な岩肌を登っていく 何があるかもわからないトンネルを真っ暗なまま突き進んでいくといった大人から見れば危険な行動がたくさんありました。
しかし、それは子供にとっては本当に面白いことであるのです。

 
本日、ドイツのお話を聞かせていただきましたが、 コミュニケーションで日本のように曖昧にしたり黙秘するのではなく ドイツでは自分の気持ちをしっかりyesかnoで答えることが重要視されているとお聞きしました。
上にあげた子供の行動もおおよそは面白そうという想いに対する絶対的なyesかnoの二極であるのです。
アースウォーカーの田波がまさしくそれを表していたと思いますが、 そのyes、noにしっかり関心を示し、子供の目線を見つつ、こちらもyes、noを示していくことで子供が安全に楽しむということに繋がるのだと今回感じました。
また、今回感じた子供の無茶な発想は子供が楽しめることを見つけ出すきっかけになりました。
この経験をいかし、子供たちが楽しめる素敵な場所を作っていきたいと思います。
杉村賢太郎
 
 
今回はリフレッシュツアーに参加させていただき、ありがとうございました。
明るく人懐っこいこどもたちと自然の中で遊ぶのは、とても楽しかったです。
最後に名前を覚えて、また会おうねと言ってくれた子が居て、とても嬉しかったです。
もし、お話をいただけるようでしたら、是非また参加したいと思っておりますので、よろしくお願いします。
藤嶋椎菜
 
 
なにか人のためになることがしたいと思って入ったサークルでしたが、今回の大沢ツアーに参加したことで、福島の子どもたちや他の参加者の方々から学ばされることが多かったです。
小玉さんの話を聞いて、行動力の大切さを感じました。
私は、自分の思ったことを表現したり行動に移すことが苦手です。
でも、これからアクセルリンクだけでなく、色々な場面で色々な人と出会っていく中でたくさん学んで少しずつでも行動に移していけるようになりたいと感じました。
そして、大沢地区の活性化に相田さんが一生懸命取り組んでいるのを見て、私は自分の地元を守るために何をしたらいいのか考えさせられました。
今回の大沢ツアー、とても貴重な体験で楽しかったです!
菅花菜絵

 
 
今日は初めて会った子供たちと仲良くなれるか最初すごい心配だったけど、自然の中で遊ぶなかで、距離が縮まって、帰るときにはハイタッチするくらい仲良くなれて、ニコニコ楽しい時間を一緒に過ごせてほんとうに嬉しかったです!
子供たちの好奇心と元気にすごく元気をもらって、小さい頃に戻ったみたいにワイワイ遊んで、すごくいい経験になりました!
「自分が本気でしたいことを続ける努力を惜しまない」 これからの生活を改めて考えるとてもよい機会になり、アースウォーカーズさんには本当に感謝しています!
また参加したいと思います!ありがとうございました
近藤知紗
 

 

今回の活動もありがとうございました。
子どもよりも学生の方が多いという普段とは違った雰囲気で良かったと思います。
米沢の大沢地区という大自然の中での活動は子どもたちにとっても大変貴重な経験だったと思います。
レー作り、川遊び、火遊び、自然探検、そして少し古いトイレと新鮮な経験の連続だったと思います。 その中でも特に火遊びに夢中になる子どもが多かった印象です。
いまの子どもって火に触れる機会があまりないからこそ子どもたちも目を輝かせて遊んでいたのだと思います。
火の危なさを知っている大人として、子どもたちにどこまで体験させて良いものか悩みはしましたが、自分の持って来た木を燃料としたり、水を温めて味噌汁を作ったりと子どもたちにとって忘れられない経験になったと思います。
山形大学2年生 田波凪覇
 
 
今回はカレー作りと川遊びをしました。
火を使うので火事になったり怪我をしないように注意しました。
まずはカレー作りです。薪を集めるところからスタートするという大変な仕事でした。と思いきや子供たちが大きな木の枝や葉っぱをささっと集めてきたのでその作業はあっという間に終わってしまいました。早速具材を煮込みます。
子供たちは火に夢中で怪我をしないか少し気を使いましたが、なんだかんだ楽しかったです。1時間ほどでカレーは出来上がりました。
みんなで食べるカレーはやはりとてもおいしかったです。 次は川遊びです。その日の気温は肌寒く私は入る気にはなれませんでしたが、子供たちをみると全身びしょ濡れ。子供たちの好奇心はすごいと驚きました。
でもやはり寒かったのかその後は枝を集めては燃やし続けそのまま時間が過ぎて行きました。
この活動に関わり半年くらい経ちましたが毎回子供たちの元気に自分がエネルギーをもらうばかりです。これからも積極的に関わっていきたいです。
山形大学2年生 藤田俊弘
 

 
自分自身も楽しめたし、福島の子どもたちが、カレー作り、川遊び、火起こしなどを通して最初から最後まですごく楽しそうでよかったです!
途中、ドイツのお話をお聞きしました。
正直私も典型的な日本人という感じで、自分の意見を人にはっきりと言うのが得意ではありません。
でも、アクセルリンクの活動を通してそういう面を克服していきたいと思っています!
様々なイベントでいろんなことを感じ、それを素直に表現できるようになりたいと思いました。
 
河合瞳


 
今回のツアーで初めて大沢に行きました。とてもすてきな自然の遊び場があり、良い体験をすることができました。 ぜひまた参加したいです!
佐藤りの
わたしは秋田にいた頃そもそも子供が少なかったため、今日子どもたちと遊ぶことが新鮮でした。 子供たち以上にはしゃいで楽しみました。
こういう機会は滅多にないので今回参加出来てよかったです!
佐藤麻望

 
今回参加して私も多くのことを学ぶことができました。
そして、小玉さんのお話で自分の視野をさらに広げることができた気がします。
またぜひ参加したいと思いました。
本当にありがとうございました。またよろしくお願いします!


引き続き、このような企画が継続できるよう、アースウォーカーズではマンスリーサポーターを募集しています。
ぜひ下記サイトからお願いします。
http://earthwalkers.jp/pg621.html
次回7月9日はさくらんぼ収穫。8月は枝豆収穫ですよ〜!!

2017年5月27日土曜日

第37回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクト


第37回福島の子どもたち日帰りリフレッシュプロジェクトが、5月27日に開催されました。
福島の小学生たちと米沢市で朝から田植え体験をしました。


今回は、福島の子どもたちと米沢の子どもたちと一緒になり子ども33人、大人38人での大所帯での田植え体験となりました。


初めての田植え体験の子どもたちも多くいて、裸足でドロドロの田んぼの中を感じながらの体験でした。

福島県本宮市から来た白岩小2年のりゅうじくん7歳は「田植えもまっすぐできておもしろかった。お米になるのが楽しみ。田んぼの中に虫やカエルや小魚がいてつかまえました」と喜んでいました。


昼食は、生活クラブ生協さんと手塚農園さんに準備していただいた食事を青空の下でおいしくご馳走になりました。



昼食後、紙芝居風に子どもたちに田植えからお米になるまでを教えてもらいました。

 
田植え終了式では、参加者に次々感想をふられ、遠藤しんじくんは「田植えを一生懸命頑張って、早く終わりました。お米ができるまでいろいろ大変な事を勉強しました。ありがとうございました」とマイクを片手にスピーチしていました。


午後は、大森山森林公園にやってきて、アスレッチクやそりすべり、サッカーやバトミントンなどを楽しみました。

最後に米沢の温泉に入って、とても気持ちよかったです。

帰路の車の中も子どもたちはぐっすり。ボランティアの学生らも温泉と子どもたちの寝顔に癒されていました。


 

 
 
 

2017年3月29日水曜日

福島の中学生豪州訪問6日目

中学生たちの感想レポートを文字起こししたので、ご覧ください。

ファームステイ(最終日)  藤田拡樹
楽しいファームステイの時間にも終わりがきた。
それにともない、今日は、泊まったところの片付けから始まった。ファームに来たときよりも、みんなで協力して事を成すことができて、自分達の成長をお互いに実感できたと思う。
また僕は、リーダーとして、3日間ハードに頑張った。
それができたのは、主に、ジェイソンさんと、チカさんがサポートしてくださったからだ。本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。
昨日の話になるがエネルギーについて話す機会がもてたのもこのファームステイのおかげだと思う。
自分の中で可能性が広がっていくのを感じた。
また、それと同時に自分の意思が定まった。(トランスレイションしていただいた有佳さんにも、とても感謝しています。)
I love farm stay.
午後の動物園みたいなところも日本にはいない動物がたくさんいて動物の魅力を再発見することができたと思う。
昼食のsushiは、とてつもなくおいしかった。
1粒、1粒を、味わって食べたら、米のおいしさに気づくこともできた。



Mito
今日はファームステイ最後の日だった。朝ごはんはホットサンドで、とてもおいしかった。部屋の片付けがおわったあと、クォートバイクにのった。とても楽しかった!チカさん、ジェイソン、エミリー、Thank you very much!
ベンさんのお店
ベンさんのお店では、和菓子を食べた。とてもおいしいみたらし団子だった。となりのお店のマンゴー茶もおいしかった。また行きたい。
その後はコアラやカンガルーを見た。とてもかわいかった。

すし屋さん
すし屋さんでは、久しぶりに日本食を食べた。とてもおいしく、けっこう食べた。お店の人がとてもやさしくて楽しかった。
その後は、3日ぶりにホストファミリーに会った。やっぱり、みんなやさしかったし、楽しかった!
福島では、草にふれたり、思い切り外で活動することがしにくい環境だが、ファームステイなどで、それが、思い切りできてよかった。



329日 岡部笑瑠
今日は、午前中はファーム、午後はキュランダで過ごしました。
ファームでは、ボリュームまんてんのハムチーズサンドを朝食に摂った後、ベッドメーキングやそうじをしました。
ベッドのシーツをつけるのが難しく、いつも1人でこなしているお母さんのすごさや存在の大きさを改めて知ることができたし、日本に帰ってからはもっともっと率先してお手伝いをしたいと思いました。
その後は、バイクでファームをドライブしました。
日本では出せないような速さで、少しこわかったけど、すごく楽しかったです。
バイクの操縦は難しかったけど、ジェイソンさんにおそわりながら乗りこなすことができました!!
ファームでの3日間は本当に貴重なものでした。
放射線のことなどを何も考えずに、体全体で自然を満喫できました。
全てが楽しかったです。
キュランダでは、ベンさんのお店でお団子を食べました。
私はユーカリ団子にしました。初めて食べたけど、ユーカリの葉の香りがほんのりしてとても気に入りました。
コアラガーデンでは、初めてコアラをだっこできました!!
不思議なにおいがしたけど、とってもおっとりしていてかわいかったです。
なんでもトライしてみることは大切だなと思いました。
他にもワニやカンガルーを見ることができました。
日本の動物園よりもフリーな感じで、リラックスしている動物達を見ることができました!!
その後はゆかさんの運転でスシトレインに行きました。
日本には無い種類が豊富にあっておもしろかったです。
今日は「招待していただいた。」という言葉をいつもより多く聞きました。
本当に感謝感謝だなと思いました。




MASATO
今日はファームステイ最終日だった。朝食にホットサンドを食べて、とてもおいしかった。
そうじが終わった後クォートバイクにのった。めっちゃ楽しかった!みんな、ありがとうございました。
ベンさんのお店
お店では、和菓子を食べた。とてもおいしく、もう一度食べたい。けんさんのお店のマンゴー茶は、とてもおいしくまた行きたい。その後は、オーストラリアの動物を見た。とてもかわいかった。
すし屋さん
すし屋さんでは、たくさんすしを食べた。11皿を食べた。めちゃくちゃおいしかった。店員さんがやさしくて、楽しかった。日本では違うすしねたを食べた。
この3日間で学んだことがたくさんあった。



増子愛華
今日はファームでお世話になったえみりちゃんとジェイソンさんとちかさんとお別れでした。
毎日美味しいご飯を作ったり、とても楽しく過ごすことができました。
ジェイソンさんのマウンテンバイクに乗せてもらい、運転させてもらいました。
びくびくしながら運転していたので、みんなより着くのが遅くなりました。
午後は動物園に行きました。この前、他の動物園に行った時にだっこをして写真を撮ったので、今回は撮りませんでした。
他人の感動からすると〝くさいっ〟といっていました。
ランチにお寿司を食べました。カレーうどんが大すきなので注文しましたが、からくてみんな頑張って食べてよかったです。
面白いお寿司があって見るのも楽しかったです。



329日 岩崎未来 
  朝、5時頃に起きて、6人で日の出を見に行きました。最初は真っ暗で何も見えなかった空が少しずつ明るくなってきて朝日がのぼってきました。とてもきれいで感動しました。
  その後、クォートバイクに乗りました。ジェイソンの後ろに乗った時はとても速いスピードで楽しめました。
  11時頃に車に乗って、コアラガーデンに行きました。コアラをだっこしたり、カンガルーと写真を撮ったりできて嬉しかったです。
  その後、sushi train に行って寿司を食べました。日本にはないおしゃれな寿司がたくさんあって驚きました。
  今日は少し疲れたので早く寝て、明日も楽しみたいです。



Himari
今日は、午前中部屋のそうじをしました。みんなで分担することができてよかったです。思ったよりも早く終わることができました。その後はジェイソンさんと一緒にバイクに乗りました。スピードが速かったけど、楽しかったです。
午後は、おすし屋さん、コアラなど多くの施設に行きました。コアラ園ではコアラを抱っこしました。少しくさかったけど楽しかったです。はやぶさのだん子おいしかったです。
sushi Trainに行きました。みたこともないおすしがたくさんあって、おいしかったです。
今日、改めて、多くの人の支えがあって貴重な体験ができている。ということを感じました。
コアラを抱っこすることは福島ではもちろん、日本でもできません。今日も本当に楽しかったです。



菅野莉々子
今日は、ファームでお世話になったちかさん、ジェイソンさんとお別れでした。毎日、おいしいご飯を作ってくれたり、色々とお世話になりました。
午前中には、ご飯の手伝いをし、マウンテンバイクを運転させていただきました。ジェイソンさんの運転は、とっても速くて、風が気持ちよかったです。私が運転した時にはハンドルのそうさがとっても難しかったです。それで、草むらの上に乗ってしまい、とってもあせりました。けれど、ジェイソンさんが助けてくれたのでよかったです。けれど、すごく楽しかったです。
次に、コアラの所に行きました。この前、動物園に行った時に、だっこできなかったので、残念でしたが、今日はできて、とってもうれしかったです。記念に写真ももらえたのでうれしかったです。
おすし屋さんに行きました。日本にはないおすしが食べれてよかったです。おいしかったです。
今日1日つかれましたが、楽しかったです。



福島の中学生豪州訪問6日目
ファームステイでの3日目となり、中学生たちは朝5:00起床で岩の丘を上り日の出を見にに行く。
朝食は、パンにバターを両面塗り、ベーコンとチーズを挟み、火にくべて焼き直す。
めっちゃ美味しい、ジェイソンさんのベーコンチーズサンド。
通訳をしていただいている、ゆかさんに発音のチェックを順番にお願いする、積極的な中学生たち。
少しでも、自分の言葉で相手に伝えたい。そんな思いが感じられました。
出発前に迎えに来てくれるベンさんが来るまで少し時間があったので、バギー運転体験。
最初、ジェイソンさんが運転して後ろに乗って出発し、途中、運転を代わり、中学生が運転しながら帰って来る。
みんな興奮して帰って来ます。
残念ながら、最初の拡樹と最後の愛華はシャッターチャンスを逃してしまいました。
お別れの際に、感謝の思いを伝える中学生たち。
2泊3日いろいろな事を感じたみなさんの感想もすばらしかった。
本当にお世話になった、パリーズグリーンファームを後にして、1時間ほど走り、世界遺産の一つキュランダを訪問。
そこで和菓子屋を営むベンさん(この日、運転手で来てくれたベンさんに続き二人目のベンさん)のお店でちょっとひとやすみ。
ベンさんのお店では福島支援の募金箱を置いてもらっています。
そこでも、観光に来てた日本人家族6名を巻き込んで、世界遺産のジャングルを背景に中学生たちの福島からのスピーチ。
急な無茶振りにも徐々に慣れてくる子どもたち。
それから、徒歩5分くらいにある動物園に招待していただきました。
コアラを抱っこしたり、カンガルーに触ったり、おのおの楽しんでいました。
昨年まではケアンズ動物園に行ってたのですが、閉園にともないそこにいた動物たちがここにも来ているそうです。
キュランダを後にして、毎年お世話になっている寿司トレインを訪問。
夕食をご馳走になりました。
まぁ一皿4ドル~5ドルと日本では考えられないくらいの価格。
オーストラリアの物価の高さと景気の良さを実感しつつ、福島の中学生たちは招待していただき、私も含めてご馳走になりました。ありがとうございます。
いつも、ご挨拶させてもらう店長がこの日はお休みのようで、今年は直接お礼を伝えることが出来ませんでした。
16:00を過ぎ、ホストファミリーの家に中学生たちは帰っていきました。

私はそれから福島の現状の報告。
ホーシャムという街からボランティアでやってきたあきなさん。
お父さんが転勤族で九州にも住んだことがあるらしくイギリスで育って、高校は京都で大学はメルボルン。
そこで、マレーシア人の今のご主人と出会って結婚。
そのあきなさんが、震災と市民社会について?ちょっと記憶が定かではないが。。。

論文を書く予定にしてて、今回はスマイルウィズキッズのボランティアをしながら参加していました。
その、あきなさんと3時間以上話し込み、福島の6年間の私が見て来た一端をお伝えしました。

ちょっと疲れが溜まり気味ですが、なんとか事故の無いよう残り半分がんばります。
今回も多くの方々がケアンズで福島の中学生たちを歓迎し招待していただいて、この日だけでもファームステイ、キュランダの動物園や和菓子屋ベンさん、寿司トレイン、そして送迎していただいたベンさんなどなど、ほかにもたくさんサポートを受けている事を毎日体験しています。
準備段階でのスマイルウィズキッズのみなさん、特にマキさんの奮闘は素晴らしいと改めて痛感します。

本当にありがとうございます。