2018年2月18日日曜日

第7回福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!いよいよスタート(2月18日 活動1日目)

第7回福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ!いよいよスタート(2月18日 活動1日目)


第7回福島の子どもたち宮崎に来んねキャンプ
今年も無事スタートしました。



震災後毎年開催している、原発事故の影響で外遊びを制限されている、福島の子どもたちと保護者さん対象の宮崎での保養支援も、7回目となりました。





今年は0歳〜6歳までの子どもたちと保護者で20人の申し込みがあったのですが、病気や仕事の研修、体調不良などで3組のキャンセルがあり13人の参加となりました。



朝出発する福島駅は前夜からの雪で真っ白になりました。



雪が舞う福島から新幹線やモノレールを乗り継ぎ、羽田空港に到着しました。



そこから宮崎行きの飛行機に乗りました。


雪の影響で若干遅れがあったものの、無事、宮崎空港でお出迎えしてもらいました。



隣のプロ野球やJリーグのキャンプ特設コーナーを見て、歓迎会会場のジールへ向かいました。



宮崎の合唱団の歓迎コーラスのあと、オーガニックな食材を囲んでディナーを楽しみました。



自己紹介では、津波で家が流れその後の避難生活の話がありました。


原発事故直後に妊娠したけど、警戒区域から来ているという理由で病院で診療拒否されるなど、衝撃の話もありました。


それぞれの家庭で原発事故後、放射能に不安を感じながら生活している悩みも出されました。


改めて、福島の子どもたちの支援がまだまだ必要だと実感しました。



宿は今年も蜂の巣キャンプ場のコテージです。
そこで温泉に入って、ゆっくりくつろいでもらいました。



子どもたちの笑顔が広がるよう、そしてお母さんたちの不安やストレスが少しでも解放されることを願ってかんばります。



さて、みなさんにお願いしていた寄付ですが、まだ不足している状態で、下記サイトから、あと少しお力を借りれないかと思っています。



風化の影響もあり、今年の寄付がまだ不足しています。



ぜひ、下記サイトからのご支援よろしくお願いします。




編集 アースウォーカーズボランティア コガケイ(古賀渓太)

2018年1月27日土曜日

1月27日 さよなら原発米沢のつどいにて講演などをしました

1月27日の午後から高校生らと米沢市へ移動しました。
九里学園高校の校長先生に依頼され講演してきました。


アースウォーカーズの活動紹介をしながら福島の映像や保護者の声を紹介しながらの報告でした。
その後、海外向けのプロジェクトの紹介をした時に、一緒に来てた4人の高校生たちに前に来てもらい、スピーチをしてもらいました。




50人ほどの大人を前にして、堂々と自分の感じている福島やドイツで学んだエネルギーについてのスピーチは拍手喝采でした。
最後の質疑応答は、予定の時間を超え、次々と手が上がり、打ち切らないと時間がなくなってしまうほどでした。




主催していただいた「さよなら原発米沢」は設立5年目だそうで、九里校長も頑張っている姿が見られよかったです。
会場ではチョコ募金が50個ほどあつまり、九里学園の校長からは30,000円の寄付をいただきました。




本当にありがとうございました。
そして、高校生たちの素晴らしいスピーチと質疑応答に、頑張ってきてよかった。
としみじみ感じ目頭が熱くなりました。


その後、帰路につくのですが、この寒波の豪雪地帯の米沢で、車の上にすでに20cmになろうなという雪が積もっていました。
その雪を下ろす作業を米沢の方々に手伝ってもらって、なんとか、真っ白な吹雪く中を一路福島へと向かいました。




午前中の教育委員会の発表に引き続き、活躍する高校生たちと、この日の夕方から、新たに高校生が数名加わりミーティングをしました。

追伸:チョコ募金の発送が徐々に進んでいます。ぜひ、みなさんご注文お待ちしています。




※ ※ ※ ※ ※

高校生の感想を紹介します

文責:桜の聖母高校1年 伊藤光雪
米沢市で、さよなら原発米沢主催の講演会が開催され、小玉さんと高校生4人で参加。
前半の小玉さんによる講演では、アースウォーカーズの活動について、さまざまな実体験を通して、話が展開された。




そして、後半は、高校生たちが前に出て、ドイツでの感想を述べ、そのまま質疑応答にも参加した。
様々な質問がされたが、4人それぞれに違う答えがもちろんあって、盛りだくさんな内容になったと思う。




そして一番印象に残っている質問は、原発事故後、自分の健康に関して心配があるかという質問だった。
4人ともそれぞれ意見が違った。ある人は心配していないといい、ある人は心配だと言った。
たった4人であっても意見がまとまらないのだから、被災者全員ではましてや、まとまらない。




つまり、まだまだ健康に関する問題は少なくはないということだ。
また、今回の講演会で、チョコ募金に2万7350円もの寄付が集まった。
私の学校で行われるチョコ募金でも、完売できるように頑張りたい。




※ ※ ※ ※ ※

会場からの感想より
○(70代、男性)
高校生の意見発表がすばらしかった。勉強会と同時に、相互討論時間も設けて欲しい。
 
○(80代、男)
校生よく頑張った。

○(80代、男)
アースウォーカーズの高校生のドイツ体験はすばらしい企画だ。

1月27日 子どもがふみだす ふくしま復興体験応援事業成果発表会に参加しました

1月27日土曜日、福島県教育委員会の企画する発表会にアースウォーカーズも参加
して来ました。


20団体以上がステージ発表やポスターセッションなどで、活動を紹介しました。


アースウォーカーズでドイツやオーストラリアに行った高校生が熱い思いを語っていました。



午後からの米沢市での講演も後程アップするので、また、見てください。



以下、高校生の感想です。





文責:福島高校1年  尾形 涼奈
1/27(土)の、10:00~15:00に、福島県福島市にある、とうほう・みんなの文化センター2階で、アースウォーカーズの活動報告をポスター形式で行いました。



会場にいらっしゃった方々に積極的に声をかけて、アドリブで自分たちの経験を聞いていただきました。


アースウォーカーズの活動をより多くの方々に知っていただけるきっかけになったと共に、自らの言葉で伝えるという良い機会でもありました。


震災発生から約7年もの月日が流れましたが、震災での経験と当時の思いを忘れずに、福島、そして日本の未来を担っていく、震災を知っている世代として、多くを学び、それを発信するという活動を絶やさないように皆で力を合わせて活動を続けていきたいです。






文責:福島高校 1年 長島美侑
1月27日の日曜日にとうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)で、子どもがふみだす  ふくしま復興体験応援事業成果発表会が開催されました。


昨年度ドイツプロジェクトに参加した高校生が纏めたポスターを展示して、アースウォーカーズの活動、企画に参加前と参加後の自己変化、福島の今、再生可能エネルギーなどに纏わる焦点を絞った自分の意見を伝えてきました。


耳を傾けてくださった皆様、この投稿を見て下さっている皆様、これからも応援宜しくお願いします。



2017年12月31日日曜日

福島の高校生たちが、九州でドイツプロジェクト報告会を開催しました

12月末、福島の高校生たちが、九州でドイツプロジェクト報告会を開催しました。


12/25に福岡市のふくふくプラザで、12/27に宮崎市の九州ろうきんビルで行いました。


福岡会場45人、宮崎会場36人の2会場とも盛況のもと終了しました。


※前回はブログにて、福岡の報告会の様子を紹介しましたが、今回は福岡と宮崎両方の感想や写真等を紹介します。



福島の高校生の震災体験では、水道も食料もガソリンも手に入らず非日常での困難さと日常のありがたさや、震災後避難していた地域で差別をうけいじめられた体験を目に涙を浮かべながら語り、参加者の心をうっていました。




ドイツで学んだ再生可能エネルギーでは、シェーナウ電力で学んだエネルギー転換の重要性、現地の高校で体験した日本とは異なる授業スタイルや高校生たちの積極性など生き生き語りました。



そして、自らの体験を重ね合わせてアースウォーカーズで学び成長できた体験を後輩たちにも広げたいと報告してくれました。


会場からの質問は、次々に出され、予定の時間を超え大好評でした。


アースウォーカーズのマンスリーサポーターも入会希望者が多数いて、活動を継続する励みとなりました。



参加者からの感想アンケートはほぼ全員が書いていただきましたので、抜粋して紹介します。







12/27宮崎市の報告会分



宮崎:男子大学生:多くの刺激を受け成長したことを聞けてうらやましくおもいました。再生可能エネルギーや国際交流の経験が将来必ず生きてくると思うと私も頑張ろうと思う。


宮崎:40代女性:アースウォーカーズの取り組みや目標。海外の教育状況等、学生の学ぶ姿勢が良く分かりました。高校生たちの成長はこれからの日本社会の大きな希望ですね。



宮崎:50代女性:素朴な高校生の皆さんがドイツへ行って成長されたお話を興味深く聞きました。この運動を広げ続けて行くことの重要性を感じました。







12/25福岡市の報告会分



福岡:60代男性:ドイツに行ったことで自身がつき、ドイツの高校生との交流で日本の教育や高校生の事を客観的に見ているという成長が、聞いてて嬉しくなりました。この活動に意義を感じました応援したいです。


福岡:40代女性:このプロジェクトの可能性をすごく感じました。若い世代がまっすぐな感性で行動するパワーのすごさを改めて目の当たりにしました。


福岡:50代男性:ドイツの高校生との交流で、こんなにすばらしく変わるんだ!と感激しています。素晴らしい体験談を周りに広げて行ってください。




福岡:70代男性:ドイツの高校生との交流でいい体験をして終わらずに、継続して学び行動している姿勢が素晴らしい。私も年のせいか落ち込む事がありますが、高校生たちの報告を聞いて、もっと頑張っていこうと思いました。マンスリーサポーターにも入会します。


福岡:60代男性:このプロジェクトに参加した高校生が世界にはばたく人生を期待できる希望を感じました。




毎月一口500円〜十口5,000円を自動引き落としのマンスリーサポーターも下記サイトから募集しています。
http://earthwalkers.jp/pg621.html



九州での観光やみかん収穫、食べ物も満喫して、ポカポカ陽気の日南海岸でソフトクリーム食べた数時間後には、雪景色で凍える福島に帰りました!